審判のワッペン マジックテープの前に補強がおすすめ バスケ

今年からあらたにBリーグ(旧NBL)が発足し、日本のバスケットボールのあらたな歴史がはじまりました。今まではNBLとBJに分かれていたトップリーグでしたが、FIBAの制裁騒ぎやオリンピックに向けた合理的な動きのもと無事に?綺麗なピラミッド型になったようです

f:id:geek-d:20161107144817j:plain

 

バスケットボールの審判も、SS級をトップとするJBL公認審判、各県協会などが管理する県公認、またBJリーグは独自のレフリーを設定していましたがこの度の統合によりレフリーの資格もピラミッド型に編成されました

 

shimonosekibasketball.com

 

 審判の皆さんもあらたなワッペンを胸に頑張っていらっしゃるのではないかと思われます。ここでよく聞く話ですが、以前の日本公認ワッペンにはマジックテープがついていたとかいないとか。県協会ワッペンや新しいワッペンにはマジックテープがついていませんので裏側に各自取り付ける必要があります。ワッペンの裏はフェルト生地のようになっていますので直接マジックテープを取り付けるとはがれやすそうですのでいったん補強することにより剥がれにくくしましょう。

 

f:id:geek-d:20161107135709j:plain

 

準備するものです

  • ワッペン
  • クリアファイル or 薄くてそこそこ強い平らなもの
  • マジック
  • カッター
  • 100均の接着剤か両面テープ

 

まずは、用意した薄くて固い補強用のシートにワッペンになぞってしるしをつけます

f:id:geek-d:20161107140348j:plain

目安ですし、最終的にワッペンより小さくつくるので精度は必要ありません

線をもとにカッターで切り取ります。複数枚作ってもいいかと

赤く塗りつぶしたあたりで切り取るとちょうどワッペンの内側の生地の境目のあたりにきますのでおすすめです

f:id:geek-d:20161107143533j:plain

f:id:geek-d:20161107143432j:plain

ちょうどこのあたりに。あまりギリギリに切り取るとワッペンからはみ出したりする場合がありますので注意してください。

f:id:geek-d:20161107143735j:plain

ここまでくるともう簡単です。両面テープなどでワッペンとシートを固定します

厚めの本などにはさんで1日放置するとより安定します。

最後にマジックテープをとりつけて完成です

 f:id:geek-d:20161113125853j:plain

 

実際にワッペンを剥がしたりする時には、シートとマジックテープのところに負荷がかかりますので(剥がすときはシートに指をかけるため)しっかり貼り付けましょう

このあとも1日本などに挟んでおくとより安定するかと思います

この他にも個人個人で色々工夫されてる方がいるようなので参考の1つにしていただければと思います。